ギフト商品を探している担当者向け!通販や実店舗で人気のアイテムとは

2021年10月13日

ギフト商品を探している通販や店舗の仕入れ担当者さんにおすすめなのが「手袋」です。
手袋が贈り物におすすめな理由、手袋の中でもクロダの手袋がおすすめな理由、さらに女性を中心に年々増大する手袋のニーズについて解説します。

1.ギフトにおすすめの商品「手袋」

男性に対しても女性に対しても、プレゼントとして選ばれることが多い「手袋」。
手袋がプレゼントに適している理由を確認しましょう。

(1)手袋が活躍する時期とプレゼントの時期が重なる
手袋を着用する季節は、最も主要な目的「防寒」を目的にする冬です。
冬季はクリスマス・バレンタインデー・ホワイトデーと、プレゼントを送るイベントが重なります。
また、この時期は多くの企業で年末のボーナスが支給されます。「ちょっといいものを贈ろう」とする気持ちになり、プレゼントにかける金額も高くなりがちです。

(2)贈り物にちょうどいい金額
手袋は国産のトップメーカー品であっても1万円前後で高品質な製品を購入できます。
ただ、1万円は自分でお金を出して購入しようとすると高額に思えます。一方でプレゼントとして捉えるとちょうどよい価格帯になります。

(3)複数持っていても困らない
手袋は大きさもちょうどよく、収納に困らず、贈り物としてちょうどよい大きさです。
複数持っていても気分によって使い分けることもできるので、所持しているものとの重複も気にせずに済みます。
特にフォーマル系の手袋は仕事でもプライベートでも使用できるので、「好みに合わないので使わない」事態も発生しづらいです。

手袋はファッション要素だけでなく、「暖かい」という実用性を持つためプレゼントとして最適です。金額的にも重すぎず軽すぎない、ほどほどの金額帯なので気軽に贈ることができます。

2.クロダの手袋をおすすめする理由3つ

手袋をプレゼントするにあたっておすすめするのが「株式会社クロダ」の手袋です。
クロダの手袋をおすすめする理由を3つ紹介します。

(1)創業40年超えの実績
クロダの手袋メーカーとしての歴史は1,974年から40年を超えます。
歴史の中で手袋生産の知見が積み重なり、毎年精度を増しています。
技術の積み重ねを可能にしたのは、クロダの工場で行われる精密な手作業による生産です。鞣し・裁断・縫製・仕上げ、全ての工程を熟練の職人が担当しています。

(2)手仕事でこだわりの手袋を生産
クロダの本社がある香川県東かがわ市は国産手袋の多くを生産することで知られています。
圧倒的なシェアの秘密は林立する老舗の手袋メーカー群ですが、クロダはその中でも高品質でこだわりの手袋を作り続けていることで知られています。
クロダの手袋生産は40年以上に渡り全て手作業で行われており、その歴史の中でつちかわれてきた技術力と熟練の職人が高品質の手袋作りを支えています。

(3)優れたコストパフォーマンス
クロダの手袋は圧倒的なコストパフォーマンスを実現しています。
その理由のひとつは生産量です。
クロダでは自社ブランドのほか、他社ブランドの受託製造を請け負い、効率的な生産を実現しています。
また、ミャンマー・インド・中国上海と海外にも拠点を持っており、手頃な価格帯の製品もラインナップしています。
海外拠点もOEM・ODMではなく、自社工場・自社企画・自社管理で運営しているため製品の品質は国内製造品に劣らないクオリティです。

3.増大する手袋へのニーズ

手袋の主要な機能は防寒と外傷からの保護です。
しかし近年では日焼け防止・手荒れ防止、さらにコロナ対策など、従来の手袋に求められなかった機能が求められるようになりました。
クロダでは多様な素材を用いることで社会のニーズに応えています。
特に直近ではコロナウイルス対策として、「ハイブリッド触媒®TioTio®PREMIUM」を用いた手袋を販売しています。鉄イオン触媒と希元素の組み合わせで強い抗菌力・消臭機能を持った製品です。
これからも多様化していく手袋へのニーズに技術力と新しい素材への探究心で答えを出していきます。

4.まとめ

ギフト商品をお探しの担当者様にむけて、「手袋」がプレゼントとして優れている点を紹介しました。手袋は複数持っていても日々使い分けができ、かさばらない便利なファッションアイテムです。金額もこなれているので幅広い年齢層のプレゼントに最適です。

特に近年はコロナ対策のため、外出する際に極力素肌を出すのを避けたいところ。
「大事な人の健康のために手袋を贈る」セールスポイントにもなり得るのではないでしょうか。
これからも株式会社クロダは社会のニーズに合った高品質な手袋を作り続けます。「こんな商品はないだろうか」ひとつひとつの声にお応えしますので、お気軽にご相談下さい。

single